スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他の地域

秋月らーめん本舗@甘木市

2013年9月10日 火曜日14:58:27

久しぶりのプチ旅行。
今回は新緑を求め秋月へ。

小郡から甘木鉄道で甘木まで、そこからバスでだんごあんを目指す。



秋月へ近づくにつれ徐々に聞こえる川のせせらぎ。
のどかでイイね。



バスを降りてエッチラ歩いてやがて到着。
なかなか壮観な風景が目の前に飛び込む。
麓の小屋で食い物を注文。
川に跨った桟敷に陣取りヤマメと地鶏で一杯。
ハァ~生き返るねぇ~。

一息ついたら近くを散策。
だんごあんを後にしてプラプラと名所を訪ねる。



と、ここでざるラーメンの看板発見。
秋月らーめん本舗、腹も余裕あるし啜って行くか。







昔の蔵かな?
それをリノベーションしたモダンな創りの建物は天井が高く、薄暗い照明にJAZZが流れ所々にレトロな小物が飾られていてお洒落な雰囲気。





デフォの秋月らーめんは鶏出汁がメインの醤油ラーメン。
麺も自家製でかなり拘りを感じる。
ソソるんだけれども、コレ喰っちゃうと一日(の食事)が終わりそうな気がしてざるラーメンを注文。



サラダ付きでやって来た。
露が二つあるのは相方の分を気を利かせて持って来てくれたから。



ムッチリとした食感の麺は程々の風味の太麺。
コシは強く無く、軽く縮れた麺線が露によく絡む。



醤油がキリッと効いた露は酸味が控えめでたまり醤油の様な独特な香りがあるね。
つけ麺とは違う、まさにざるラーメン。
悪かぁないけれど、この麺ならやっぱり秋月らーめんにするべきだったか。
まぁ旅先でグチャグチャ考えるのはやめとこう。
うん、美味かった。



そして再びブラブラと。
バスがやって来たんで帰路に着く。

夜は赤坂門市場の某所。



¥450という破格のステーキ喰いながら呑みまくる。
いや、良い休日だった \(//∇//)\

ざるラーメン ¥650

住所:甘木市下秋月679-6
TEL:0946-25-1336
営業時間:11:00~16:00
定休日:水曜日

'13 253杯目
スポンサーサイト

その他の地域

龍虎軒@唐津

2013年5月8日 火曜日17:41:24

ぷらっと何の予定も無くプチ旅行。
最寄りの大濠駅から一本で行ける。



初めて降りる唐津駅。
とりあえず修復中の唐津城を眺めて玄界灘を一望。

そろそろ腹も限界に近づき、やっぱりイカでしょうと近くのそれらしい店へ。



透き通ったコリコリの刺身は仄かに甘みがあり臭みは皆無。
下足の天ぷらも柔らかくて美味い。
地元の酒をクイっと空けて至極の一時。
いやぁ来て良かった (^^)



町をプラプラと散策し、見かけたラーメン屋が数軒。
チラリと相方の顔を見ると、やっぱりってな表情で帰り際に一軒寄る事にする。



何故かあちこちでよく見かける六本木ヒロシ(笑)
何か所縁でもあるんか?



そして選んだのはネーミングがソソられた龍虎軒。
昔ながらの町のラーメン屋然としていてイイね。



メニューもそれらしくシンプル…
ン?黒ラーメン?
しかも赤字でお勧めなのか?



オレのオレの話を聞けぇ~とばかりに貼り出された黒ラーメンの薀蓄。
へえ、竹炭入りの麺なのね。
基本、竹炭は無味無臭で麺以外はデフォのラーメンと同じとの事。
見た目が興味あったんでソイツにしてみる。



カウンターと厨房には隔たりが無く、非常に衛生的且つ潔い。
作る工程を隠しだてする事無く、一望出来るのはラオタには有難いが、なかなか出来るこっちゃないよね。



小振りの丼に並々と注がれたスープ。
フワンと香る豚骨臭はなかなか食欲をソソられる。
叉焼とネギのみの店同様潔いスタイルもイイね。
けど、薄っすら覗く麺はキクラゲみたいに見えるな(笑)



ちょっとだけリフトアップ。
艶々とした真っ黒麺は細麺ストレート。
とりあえず先ずはスープを一口。

しっかり煮出された豚骨出汁は円やかなコクがあり、わずかに感じる雑味が滋味でありながらバツグンに美味い!
あまり脂に頼っていないところも良い。

麺の方はというと、シコッとした食感とツルりとした喉越しがデフォの麺との大きな違い(店主談)
粉っぽさが抑えられてはいるが麺の風味自体は健在。
面白いねぇ。

いや、それにしてもスープが美味い。
クドく無く、味わい深く、出汁の旨味と元ダレの塩梅が非常に宜しくクイックイッとついつい口にしてしまう。



旅先でたまたま出会ったこの一杯はアタリ!
地元でも評判良いのかな?

☆☆黒ラーメン ¥650

住所: 唐津市大名小路2-41
TEL:0955-73-3026
営業時間:9:00~20:30
定休日:月曜日

'13 125杯目

その他の地域

☆ラーメン家 政@長崎

photo:01


2010年2月3日 14:10

どうしても気になるメニューがあったので再訪。
目的のそれは、今まで聞いた事のないつけ麺の新しいスタイル。
麺に予めタレを和え、更につけダレをつけて食べるという二段仕様。
タレを和えるためか、デフォで温盛りで出て来た。
麺は通常の中太麺。まず麺とタレを馴染ませるため適当に混ぜ合わせる。
つけダレ無しでひと啜り、油と醤油で淡く味が付いた麺はそれだけでもなかなか美味い。
これに魚介を効かせた豚骨ベースのつけダレを絡ませると面白いハーモニーを奏でる。
和えるタレ、つけダレ共にシンプルながら、結構考えてるなぁ~

時間の都合でもう一件の宿題店の
長崎大勝軒(長崎市大黒町8-3
095-823-7256
11:30~14:00 17:30~21:00
日曜日定休)に行けなかったのが、ちょっと心残り。

あえそばつけ麺 ¥600

長崎市大黒町10-11
095-822-8156
11:00~01:00
日曜日定休

'10 40杯目



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

その他の地域

長崎軒@長崎

nonopapaの福岡ラーメン健忘録-???.png

2010年2月2日 23:51

メニューが凄い!
ラーメン、チャンポン、皿うどん、etc…壁中にベタベタメニューが貼ってある。
やたらめったら種類がありすぎて何が何だかわからない。
ついでにマズイ!
メニューは見つけられなかったが(笑)とりあえず普通のラーメンをオーダー。
ほとんどインスタントの生ラーメン…
店は夫婦で営んでいる様で、ガイド本によると店主はフランス料理店で腕を磨いた
経歴があるそう。ただし今は、あまり味に拘りがなさそうな感じ。楽しければそれで良い。
そんな雰囲気を醸し出している店だった。

ラーメン ¥600

長崎市大黒町4-8
095-825-3104
11:00~14:00 17:00~02:00
第1・3月曜日定休

'10 39杯目


その他の地域

☆☆ラーメン家 政@長崎


nonopapaの福岡ラーメン健忘録

2010年2月2日 22:28

吉祥寺 武蔵家の姉妹店。
長崎駅前で九州では稀少な本格的家系が食べられる。
大判の海苔、叉焼、そしてほうれん草。そのフォルムは正に正統派家系。そしてお約束の好みを聞かれ、固麺、味濃いめでオーダー。ちょっと塩気の強い豚骨醤油に鶏油がかかった独自の風味。そう、これこれ!豚骨出汁もかなりしっかり出ていて、濃い目の元ダレに負けず存在感を主張している。
合わさる中太麺はモッチリしていて、スープがよく絡み食べ応えがあって美味い!
正直、福岡を撤退した六角家よりも美味い。因みにこの店は、六角家の孫弟子にあたる。六角家オリジナルのキャベチャーも用意。
福岡にナンチャッテ家系しか無いのが非常に悔しい!

ラーメン ミニ ¥500

長崎市大黒町10-11
095-822-8156
11:00~01:00
日曜日定休

'10 38杯目


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。