スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多区

頤和園 大博多ビル店@博多駅前

2013年9月27日 金曜日13:17:05



芝麻醬の甘みと渋み、辣油の強めのピリ辛加減はなかなか美味い。
¥850と値は張るがデフォで大盛り、しかもランチタイムはご飯のサービスもある。

担々麺 ¥850

住所:福岡市博多区博多駅前2-20-1
大博多ビル 12F
TEL:092-471-1021
営業時間:11:30~14:30 17:00~22:30
定休日:年中無休

'13 270杯目
スポンサーサイト

博多区

おとど@ラースタ2

2013年7月9日 火曜日14:56:57





烈士洵名や気むずかし家を手掛ける塚田兼司氏のまた別の形態。
日本一ご飯がすすむラーメンというのが売りらしい。
しかし、今回の目的は別のヤツ。
写真で見て気になっていた二郎っぽい雲龍を喰う。

まぁ平日のアイドルタイムとあって人は疎ら。
ここもスタッフは厨房に1人、表に1人で回している。
食券を渡して席に着くと、サービスでご飯が付くというのでお願いする。
ニンニクの有無は聞かれなかったがはたして?





先ずは相方の肉玉そば。
前に入っていた金沢の「神仙」の肉玉中華そばと同じタイプみたい。



甘辛いタレで焼かれた肉と生卵はそりゃあご飯と合うわな。
喰わずとも美味かろうて。



さて、当方の雲龍。





こん盛り野菜の天辺にかけられているのは背脂か?
肉厚の巻き叉焼が野菜の壁に立てかけられているヴィジュアルは迫力があってイイね。

先ずは野菜の山を喰い崩していく。
イマイチ薄味なんで卓上のラーメンダレをジュウっと回しかける。

続いてスープ。
後で検索してみたところ、豚鶏牛の三獣スープとか言うらしいがバカ舌にはよお分からん。
出汁感は程々にタレと脂で喰わせるタイプやね(肉玉とは別のスープかも)
やはりニンニクは乗っておらず、見た目の迫力からするとチト物足りないな…。
やっぱりこのてのラーメンにはニンニクでしょ。

「すいませ~ん、ここニンニク置いていますか?」

ダメもとで聞いてみたら、あっけなく「ありますよ~」と返事が帰って来た。
オイオイ、だったら最初から聞いてくれよと思ったが、ココは二郎じゃないしね。



小皿にタップリ盛って来てくれた。
細かく刻んだタイプで正にコイツが無けりゃ話にならない。
何のためらいもなく、ドバッとブチ込む(相方も欲しそうだったんで、ちょっと向こうの丼にもおすそ分け)

ウン!
味が引き締まった。



このタイミングで麺をほじくり出す。
すると想定外の細麺。
やや細めの中太ってところか?
これは肉玉そばと同じヤツか…。
麺の風味も食感も嫌いじゃないけれど、極太麺をワシワシ喰らう感じをイメージしていたんでちょっと拍子抜け。

過去に塚田ブランドでラースタにやって来た時も二郎インスパイアは提供していたが、その中では一番ウ~ン…って感じかなぁ…。

サービスで付けてもらったご飯は叉焼をかじりながら喰う。
ちょっとスープを啜って野菜も一口。
まぁ悪かぁないと思うけれど、相方のを一口喰わせてもらった肉玉とのコンビネーションには到底かなわないな。
もう一つ残念だったのは、ジャーで保温して相当時間が経っているらしく飯が乾いちゃっている事。
いつでも炊きたてってワケにはいかないのはわかるんだけれど、アイドルタイムとはいえ日本一ご飯がすすむのを売りにしているんなら考えて欲しい。

費用対効果を鑑みても美味い方だとは思うんだけれどね。
もし次の機会があるとするなら肉玉やな…てか、神仙コッチに店出さんかな。

雲龍 ¥750(何かのサービスで煮卵入り)

住所:福岡市博多区住吉1-2
キャナルシティ博多 ラーメンスタジアム2
TEL:092-263-6171
営業時間:11:00~23:00
定休日:年中無休

'13 189杯目

博多区

麺歩バガボンド 小麦の力@博多駅前

2013年6月27日 木曜日13:50:51

幾つかのブログで見かけて、とにかく気になる二郎っぽいメニュー。
基本情報もソコソコにチャリを飛ばす。



ここって前もラーメン屋だっけ?
老舗の福一の並びに今風な洒落たロゴの店を発見。
まだ出来たばっかりみたいで表には花が飾られていた。



目当ての二郎系のラーメンは力島といい、13:00以降からの提供だそうな。



店は食券制。
力島のボタンを押して席に着く。
店内は細長くカウンターのみ。
時間のせいか先客は1人。
まだ新しく、清潔感のある店内は若い男性スタッフ2人で切り盛りしていた。



力島専用のオーダーシステム。
通ぶって「野菜、ニンニク、カラメで」と言ったら事細かにオーダーをチェックし直されてしまった。
麺は並から大盛まで同額という太っ腹さ。



因みにその他のメニューのオプションはこんな感じ。

大盛は300gだそうで、それならいけるだろうと大盛で頼む。
オプションは野菜とニンニクマシ。
辛味は普通で下のスパイシー油は初めての人にはお勧めしませんとの事だったので無しでオーダー。

テボに投入される生麺を見る限りかなりの極太麺。
茹で上がると何gになるのだろう?
喰いきれるか?



厨房には仕込み中のもみじがどっさり。
ここのスープは鶏ベースなのかな?





てんこ盛りの野菜はキャベツ比率がかなり高い。
丁寧に下処理されたもやし等、ちゃんとしていて浅めの茹で加減でシャキシャキ感はあるが、どうしても青臭さが残ってしまって残念。
これがもっとクタっとした感じだとより喰いやすいかな。



ニンニクが業務用のポリ容器に入ったすりおろしタイプなのもちと残念。
二郎直系でもコレ出している所もあるけれど、生を刻んだ風味は何物にも代え難い(中国産のリスクは高いけれど 笑)

節の香る独特の酸味のあるスープは非常に個性的。
元ダレに味噌を使っているのか。
想定外の風味に多少面食らう。
出汁感もソコソコにクセのある味わいが印象的。



モッチリした極太麺は滑らかな喉越し。
たまご麺かな?
風味が豊かで表面は柔らかく、奥にシッカリ弾力があってとても美味い。
ゴリゴリの太麺とは違ったアプローチで新鮮な味わい。
この麺は一度喰う価値あり。

叉焼は二郎のブタとは違ってラーメンのソレ。
ただし、厚みがあって直前に炙ってあり香りが立って美味い。



スタイルは二郎っぽいが、全く別の喰いモンやね。
コスパはバツグンだし、割り切って喰えば、これはこれでアリだと思う。
特にこの麺が面白い。
別メニューでもコレ使っているのはあるのかな?

力島 ¥700

住所:福岡市博多区博多駅前2-10-12
TEL:
営業時間:
定休日:

'13 172杯目

博多区

☆麺処 恭や@中洲

2013年4月25日 木曜日13:16:49



フラれてフラれて三度目の正直、やっと開いとった(今旬の臨休ネタを面白おかしく表現したかったがセンス無いんでやめとく)

とう家所縁の店と聞く。
家系と博多ラーメンのハイブリッド、とりあえず喰ってみたかった。



メニューは豊富。
麺が三種あるのが特徴的。
ちぢれ麺に惹かれるが先ずはデフォでオーダーする。
麺の硬さを聞かれたのでカタで頼む。





ランチサービスは遅くまであり、この界隈の人には重宝しそう。
基本、夜がメインの店らしく酒のアテも充実しているね。



しばらく待ってやって来たラーメンは、大判の海苔にほうれん草とウズラの玉子。
表面を黄色い鶏油が覆い、家系の基本を抑えているな。
若干トッピングが寂しく見えるが、この立地でこの価格だとこんなモンか。

先ずはスープを一口。
軽やかな豚骨出汁に鶏油の豊かな香り。
濃度は低めでサラりとしたスープはクドく無く飲みやすい。

デフォの細麺は風味は程々で鶏油が絡んだスープにはチト弱く感じる。
サラリとやる分には悪くないけれど、ちょっと物足りないなぁ…。

「とうや味」と喰い比べしようと思っていたけれど予定変更。
替玉をちぢれ麺で頼む。

中太の麺は卵麺かな?
プリッとモチッと食感しかりスープに絡んで美味い!
風味も宜しくプラス¥30の価値はある。

喰っている最中に店の人に「このちぢれ麺イケるでしょ。」と声をかけられた。
啜っている最中なんでOKサインで応える(笑)

スープと麺はバランスが要と感じたひと時。

ラーメン ¥600 替玉(ちぢれ麺)¥130

住所:福岡市博多区中州2-1-11
TEL:092-262-7111
営業時間:
定休日:不定休

'13 108杯目

博多区

風び 中洲川端店@上川端町

2013年3月27日 水曜日14:15:14

以前ふられた中洲の家系の新店に向かうもまたまた本日は夕方からの営業の貼紙。
ひょっとして昼はやってない?
気分的に濃い味なんだけれど何処にするか…?

プラプラ近くを歩き回って、ふと風びを思い出す。
ワリとコッテリ系だという評判だったような。
機会があれば先ずは本店という気があったんでパスしていたんだけれど腹が限界、そこ行ってみよう。



以前は川端うどんだった所だよね?
隣接する博多ラーメン(博多屋)とか向かいにもラーメン屋が点在し、ラースタも近いし、かなりの激戦区の様な気がする。





店内は雑然としていて既に呑んでいる客もいたりして中洲らしく雰囲気やね。
昼はお得なセットもあるが、単品で頼む。
麺の硬さを聞かれたのでカタでオーダー。



風びのラーメンに関する薀蓄。
ふ~ん、なるほどねぇ。
これはコッテリ系が期待出来そうだ。
最後に小さく、店舗によりアレンジしていると書いているが、中洲らしいアレンジとは?



さて、やって来たラーメン。
見るからに粘度が高そうだ。
先ずはスープを一口。
なるほど、トロリとした舌触りは確かにコラーゲンチック。
脂も比較的多めかな?元ダレはかなり効いているね。
けっこう塩っぱく感じる。
でも呑んだ後とか良さげやな(コレが中洲仕様なのか?)
体調にもよるけれど、濃い味好きには美味いと思う。

合わさる麺はシャキッとした細麺。
歯応えは良いが、粉っぽいと言うより生のえぐみみたいなものを感じる。
もうチョイ麺の風味が良かったら、更に美味いと思うんだけれどな。

本店はどんな感じなんやろう?
是非一度行ってみないとね。

とんこつらーめん ¥530

住所:福岡市博多区上川端町9-151
TEL:092-271-3411
営業時間:10:00~28:00
定休日:不定休

'13 81杯目
プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。