スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多区

☆再来軒@冷泉町

photo:01



2010年4月1日 10:38

大博通りから一つ入った細い路地にある、なんともアジのある佇まい。
まだ開店前だったが、快く入れてくれた。

チャンポンや定食類が充実しており、夜はもつ鍋等も提供している。
ラーメン屋というより町の食堂といった感じ。

ノーマルなラーメンを注文。
なかなか質素なフォルム。
最初から紅ショウガとコショウが振ってある。
やや黄みがかったスープは結構特徴的。
先ずは一口。豚骨と鶏ガラか?
濃厚という訳では無いが、出汁の旨みと風味を力強く感じる。
浮いている脂は鶏油かな?
いい感じに風味にアクセントをつけている。

合わさる細麺はしこしこした食感で、加水率が高めの伸びにくいタイプ。
もうチョイ粉っぽい方が好みだが、まぁ許容範囲。

滋味なんだけと、なんとも美味い一杯。
年取ったせいか、この手の味がわかるようになった気がする。

ラーメン ¥500

福岡市博多区冷泉町5-22
092-281-3549
11:00~21:00
日曜・祝日定休

'10 100杯目




スポンサーサイト

中央区

☆☆☆元勲@平尾

photo:01



2010年4月1日 11:34

本来、つけ麺を看板にしている店では汁ものは頼まないのだが、
ちょっと気になっていたので注文してみた。
待っている間の鶏スープは、期待が膨らんで楽しいね。

ほどなくして中華そば登場。
澄んだスープの鶏そばに対し、こちらは白湯スープ。
結構とろみがあり、濃厚そう。
一口啜ると鶏の旨味がブワンと口一杯に広がり、魚介の風味が程良く追いかけてくる。
粘度の高いスープは旨味が凝縮されており、それでいてくどさはいささかも感じない。
こいつはかなり完成度が高い。

合わさる麺は中太で、これはつけ麺と併用かな?
モチモチしていて適度なコシがあり、小麦の風味も豊かで美味い。
やっぱりつけ麺を売りにしている店は、麺作りも上手いと思う。

添えられるトッピングも鶏叉焼の他、メンマならぬ山菜であったりと捻りを効かせてあり、
一杯の作品としてスキを見せない。

¥800とかなり高額ながら、納得の一杯。

中華そば ¥800

福岡市中央区平尾2-4-9
092-533-0310
11:30~23:00
年中無休

'10 101杯目




中央区

麺劇場 玄瑛@薬院

photo:01



2010年4月1日 12:02

たまたま通りかかったら、ランチタイムにも関わらず行列無し。
最近はこうなのか?

という訳で入場してみる(笑)
最前列の席に通された。
何だか座り心地が悪い。
椅子の高さに対して妙にテーブルが低い。
それに椅子がガタついてギイギイと五月蝿い。他の席からもギイギイと聞こえる。
これも演出の一つか(笑)

気を取り直して…
ややこしい名前のメニューが結構あるな。
以前は、昼メニューは限られていたと思ったが最近は違うのか。

メニュー筆頭の玄瑛流拉麺を注文。
ちなみに注文した際、当方は玄瑛流拉麺と頼んだ。
注文を受けたスタッフは「ラーメン」とオーダーを通す。
出来上がったラーメンは、別のスタッフが持って来たのだが、
そのときは、「豚骨ラーメンお待ちどうさま」と持って来た。
ややこしい名前の割に、あまり名称には拘りが無いらしい。

で、そのラーメン、ニンニク香味油が特徴との事だが、正にその通り。
ニンニクの味しかせん。
脂っこいし、出汁の旨みも大して感じず、何がやりたいのか、正直分からん。

麺は自家製のツルシコの細麺。風味は強いが、どっかとってつけた感じ。
添えられた木耳が結構大量で、食感のアクセントどころか、邪魔に感じる。

ラーメンWalkerだったと思うが、ここの店主、
対談で¥1000で感動できる何たらかんたらという記事を読んだ事がある。
最も安価な¥670では感動できないということか。

玄瑛流拉麺 ¥670

福岡市中央区薬院2-16-3
092-732-6100
11:30~14:30 18:00~24:30
日曜・祝日
11:30~17:00 18:00~22:00
年中無休

'10 102杯目




早良区

☆海豚や@西新

体調が優れず、病院で点滴を打った後、食後の薬を服用する為、近くの未羅来留亭に向かうもまだ開店前。
久しぶりにこちらへ。

photo:01



2010年4月3日 11:42

主人は藤家出身。
開店当初来たことがあるが、博多ラーメンと家系を足して2で割ったようなラーメンが出てくる。

今回もノーマルなラーメンをカタでオーダー。
醤油ダレの味が前面に来る。
出汁の風味もほどほどで、鶏油の塩梅も控えめで食べ易いっちゃあ食べ易い。
そのままだと、ちょっとのっぺりした感じだが、卓上のおろしニンニクを入れると、旨みが倍増した。
ここのラーメンにはニンニク必須かも。

合わさる麺は博多風の細麺。
オーダー通りカタでシャキッと揚がっており、小麦の風味もなかなか。

もしかして、この麺を使いたいが為、あのバランスのスープなのかな。
家系として見たら、かなり???
が付くが、オリジナルとしてならアリかも。
トッピングのほうれん草はもっとボリュームが欲しい。

スタッフの応対は、元気があって良いと思うんだが、声の出し方が芝居がかっていてなんとも…

ラーメン ¥580

福岡市早良区西新1-11-16
092-822-8333
11:30~03:00
不定休

'10 103杯目



中央区

☆菜菜@荒戸

帰り道、ふと目に止まってしまった。
フラフラと店に入る。
どうも食欲だけはあるらしい。

photo:01



2010年4月3日 12:01

身内の小料理屋を昼間間借りして営業していると何かで見た記憶がある。
寡黙でちょっと不器用そうな(褒め言葉)店主は、かつては豚骨ラーメンの職人だったらしい。

店頭のメニュー写真から透き通った醤油スープをイメージしていたが、出て来たラーメンは、やや濁った茶褐色のスープだった。

出汁は豚、鶏?野菜類もけっこう使っているみたいで、椎茸などの和風の風味を感じる。
派手さは無いが、じわりと旨みが伝わって来る感じがする。

合わさる麺は黄みの強いツルシコのいかにもな中華麺。
この手の醤油スープには、これでもイイのかもね。

悪くは無いが、これといった決めても無い味だが、この辺りでは珍しい醤油ラーメン専門店。
たまにはイイかも。

営業時間見たら、夜も20:00からも提供している模様。

しょう油ラーメン ¥500

福岡市中央区荒戸3-2-6
092-711-8331
11:30~14:30 20:00~?

'10 104杯目




プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。