スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久留米市

☆大砲ラーメン 本店@通外町

2010年6月1日 12:02

久しぶりの訪問。
何時もの昔、カタ。

「久しぶりですね。」
と、声をかけられる。
なんかちょっと嬉しい。

photo:01



呼戻し特有の豚骨臭が食欲をそそる。
表面の泡の出具合も程々で、スープ自体はさほど臭みは無く飲み易い。
今日のスープはちょっと軽いか。

やや塩気の強い元ダレが大砲らしい風味を醸し出している。
丁寧に作られた叉焼、サクサクとした歯ざわりのメンマ等、トッピングにもぬかりは無い。

合わさる麺は地場産の小麦を使用。久留米にしては細麺で、シコシコと食感がよく美味い。

コッテリという訳では無いが、豚骨の旨みがシッカリと出た濃厚さがある。
食べ易くもあり、クセになる味。

また、期間限定で特別メニューを出しており、今年はプレミアム丼だそうだ。

photo:02



昔ラーメン ¥500

久留米市通外町11-8
0942-33-6695
11:00~21:00
年中無休

'10 160杯目




スポンサーサイト

中央区

閉店 名代ラーメン亭@長浜

photo:01



まさかこんな日が来るとは…

決して繁盛していた訳では無い。

それでも誰かしらお客さんはいたし

やっていけない程流行っていないことも無かったと思う。

会社として何かしらの判断があったんだろうけど、

あのマッタリした雰囲気が好きだった。

店のオバちゃん達はどうしているんだろう?

最後にもう一回、行きたかったなぁ。

健忘録

2010年5月19日

2010年5月4日

2010年3月18日

2010年1月29日

2009年12月27日

2009年9月6日

番外編

超番外編 自家製島系ラーメン鍋

2010年6月2日 20:29

島系本店 舞鶴店の生麺(5玉)¥450を購入。

何か上手い使い道はないか?
という訳で煮込みラーメンを作ってみる。
島系の極太麺は、煮込みに耐えられると踏んでのチョイス。

photo:01



ベースは最近お気に入りの鳥万@唐人町商店街のガラスープ。
これを辛味噌仕立てにしてみた。

ガラスープに昆布、鰹だしを投入。鶏肉を入れて一煮立ちしたら味噌を。

今回味噌は、韓国食材屋で売っていたチゲ味噌を使用。

これに島系よろしく、下茹でしたキャベツとモヤシを入れて、これまた固めに下茹でした麺をぶち込んで一煮立ち。

器に盛って、別に作った焼き味噌辣油(多めの胡麻油で韓国産唐辛子を煮、これに白味噌を入れて焼いたもの)をつけて頂く。

photo:02



果たしてお味は?


nonomamaの感想

この麺のイメージはニンニクがガッツリきいてスープと絡む感覚を口が覚えている。
今夜は辛味噌煮込み。

一抹の不安を感じながら、いただく。
一口目は無言。二口目…
おや!?
辛さの中に甘味がありクリーミーな味になった!
野菜も鶏も味が染みて中々良し!

今夜は第一回目。
残りの3玉、次は私が作る番。
美味しい麺を前に緊張するけど、やり甲斐がある!
負けないぜ!

nonopapa追記:煮込むことで小麦の甘みを店で食べる時より強く感じた。
素性の良さを垣間見れただけでも収穫。




博多区

☆☆八千代亭@築港本町

2010年6月2日 13:00

店に入るとビジネスマン風の外人さん
男女4人組がラーメンを食していた。

ほう、渋い店ついてくるじゃねぇか…

等と思いつつ、ラーメンバリカタを注文。

photo:01



一口啜ると旨みがブワンと広がる。
脂が溶け込んだコッテリ、ポッテリスープ。

うん、今日は当たり!

出汁と脂と元ダレがいい塩梅にマッチしている。
けっこうブレの大きい店だが、
良い時の味は我が最愛の久留米ラーメン丸星に通じるものがある。

合わさる細麺は博多ラーメンそのもの。
ボリュームにやや不満があるものの、シャキッと揚がっていて美味い。

さながら、久留米と博多のハイブリッドラーメンという所か。

市場界隈の屋台から店を興した老舗と聞く。
源流は久留米とみた。

ラーメン ¥500

福岡市博多区築港本町10-11
092-291-5722
11:00~20:00
日曜日定休

'10 161杯目




早良区

☆鶴と亀@西新

2010年6月2日 13:32

西新屋台村に5月半ばに開店しながら、もうすぐ立退きという
何とも気の毒な店。
なんでも契約時には6月に屋台村撤退の話は無く
開店直後に通達されたのだそう。
先の見通しは立っておらず、同じ境遇に辛麺屋等がある。

さて、ラーメンを注文。
ランチタイム(11:00~15:00)はおにぎり1個サービスされるが単品で。

photo:01



器は変わっているが、ラーメン自体は非常にシンプル。
鶏ガラ醤油スープは透き通った淡い風味。
トッピングにほうれん草やナルトが乗るところは東京ラーメンチック。

やや太めの卵縮れ麺は風味が強く、プリッとした食感で美味い。
卵麺にも色々あるが、この麺の味はすごく新鮮に感じた。

卓上のニンニク辣油は、けっこう強烈。
スープに混ぜた途端に味が激変する。
淡い鶏ガラの風味を堪能するなら、慎重に入れるべし。

インパクトのあるラーメンでは無いが、あの麺はまた食べたいと思った。

異業種から転身した店主と不器用そうだが真面目なスタッフ。
両人とも気さくで明るい。
また是非会って話をしてみたい。

中華そば ¥500

福岡市早良区西新4-2881-1
090-9861-6346
11:00~
6/13で閉業

'10 162杯目




プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。