スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖ラーメン長浜家@大手門

元祖ラーメン長浜家@大手門

2012年1月29日日曜日 9:00

今日は朝っぱらから大盛況。
焼酎のお茶割りを呑んでいるオジさんと相席でラーメンを待つ。



麺は細め。
スープもチト弱いかな。
まぁ普通っちゃあ普通なんだけれど、そろそろスマッシュヒットが欲しいところやね。

ラーメン ¥400

住所:福岡市中央区大手門2-7-10
TEL:092-725-5559
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休

'12 32杯目
スポンサーサイト

元祖長浜屋

元祖長浜屋@長浜

2012年1月30日月曜日 9:05





昨夜は一人で一心亭で晩酌。
〆までいくつもりだったんだけれど、この間、ロングビーチでかなり酔っぱらい記憶が飛んだのを思い出し顔を出す事にする。
で、再び記憶が飛んで気がつけば朝…。
つくづく学習能力が無い…。

二日酔いでボォ~っとするが、今日も仕事。
気合いを入れるべく朝元祖。



チョイベタ気味のスープが胃袋にズシっとくるね。
味は正直わからない、多分いつもの薄い感じだったと思う。

麺をさらって、多少クラクラしながら店を出る。

ラーメン ¥400

住所:福岡市中央区長浜2-5-25-1F
TEL:092-711-8154
営業時間:4:00~25:45頃


'12 33杯目

久留米市

中華料理 美味館@

2012年1月30日月曜日 13:55

西鉄久留米駅から岩田屋新館を越えて稲穂焼きの店のある路地をちょっと行った所にある中華屋。
多分新店、以前も飲食店だった。



知り合いからオール¥500のランチをやっていると聞いて行ってみた。
表から覗いて見るとどうも¥500メニューらしきモンは見当たらない。
まぁいいや、単品の麺でも頼もうと中に入る。



ランチは¥630の定食がメインみたいだ。
早くも価格改定か?

単品は無いのか…
じゃあ醤油ラーメンセットで。



ラーメンに半炒飯、揚げ物に搾菜、デザートの杏仁豆腐まで付いている。
なかなか豪勢やね。



ラーメンはワカメに叉焼、粗みじん切りの白ネギと昔懐かしい中華そば的なもの。
鳴門が乗っていたらなお気分やな。
鶏ガラベースのアッサリ醤油味。
中太のプリッとした縮れ麺が印象的。



炒飯は、軽く茶碗一杯分位か。
すごくシンプルな味付けで、あまり油が回っていないのが助かる。

揚げ物は硬いなぁ~。
喰うまで鶏唐とはわからんかった(笑)

まぁここは麺よりも定食の方に力を入れていると思うので、機会があったらそれ喰ってみよう。
何事も経験、経験。

醤油ラーメンセット ¥630

'12 34杯目

番外編

☆☆ふきや 赤坂店@赤坂門市場

2012年1月31日火曜日 23:14

ご存知ふきや。
福岡市民のソウルフード。





昔はショッパーズの上だったんだけれど、今はここ赤坂門市場の味のある店が我が定番。



で、これまた定番の肉玉大きめ。



ふきや名物の自家製マヨネーズと真っ黒ソース。



コイツをお好み焼きにボトッと落として箸でグリグリ混ぜて喰うのも我が定番。
一味を振るのを忘れずに(笑)

ドッシリした重量級の生地は如何にも小麦粉を喰っている感じ。
表面はカリッと中はニッチリ。
非常にチープでありながら、ここでしか味わえない唯一無二の美味さ。

同ジャンルで美味い店はナンボでもあるんやけれど、ここは特別。

肉玉 ¥500

住所:福岡市中央区赤坂1-9-10
TEL:092-741-6023
営業時間:11:00~21:00
定休日:日曜日

元祖ラーメン長浜家@大手門

元祖ラーメン長浜家@大手門

2012年2月1日水曜日 8:21

しっかし、寒いな…。
こんな日は身体の中から温めんと仕事に行けん!

いつものカタ、ネギ多め。



う~ん、麺はツルシコの細麺。
出汁も弱いなぁ…。

どうした「家」?

'12 35杯目
プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。