スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多区

頤和園 大博多ビル店@博多駅前

2012年2月28日火曜日 14:03

半期に一度の戦略会議。
恒例の頤和園で麺を啜る。
今回は何にしようか?



メニューの説明を眺めると黒味噌が云々と書いてあるヤツがあるな。
コレは何て読むんだ?
まぁイイや、これにしてみよう。

「ハイ、ジャージャー麺ですね。」

アッそうか、ジャージャー麺か。
しまった黒味噌で気がつくべきだった…。
味噌ラーメン的なモンをイメージして頼んでしまったが仕方がない。
そう言えば、こんな字だったような気もするな。



筍、椎茸に挽肉の褐色の味噌餡が乗った所謂和えそば。
画像では見切れているが、麺の脇には千切りの胡瓜も添えてある。
頤和園らしくボリュームはかなりなもの。

結構甘めの味付けで、麺は加水率高めのビヨ~ンと引きのあるタイプ。
一旦冷水で締めて温め直しているのかな。
価格に見合った丁寧な仕事ぶりが伺える。

基本、ジャージャー麺があまり得意では無いのでこれと言った感動は無いんだけれど、費用対効果はいいんじゃない。

さて、会議の後半戦。
何か身になりゃ良いんやけどね。

炸醬麺 ¥800

住所:福岡市博多区博多駅前2-20-1
大博多ビル 12F
TEL:092-471-1021
営業時間:11:30~14:30 17:00~22:30
定休日:年中無休

'12 61杯目
スポンサーサイト

元祖長浜屋

元祖長浜屋@長浜

2012年2月29日水曜日 0:24

会議の後はこれまた恒例の年に一度の大宴会。
非常に豪勢なのはいいが、滅多に会えない仲間とあまり話せないのが残念。

というわけで二次会は、オフィシャルのカラオケパーティをエスケープし、内輪だけのリアル戦略会議を敢行する。

なかなか有意義な時間。

〆にラーメンが喰いたいと一人が言う。
リクエストは長浜ラーメン。
ならばとダダぶりの雪の中、県外の仲間を引き連れてタクシーで山ちゃん@長浜屋台へ。

折角なんで、もう一杯。
ここらで記憶が怪しくなる。
一頻りいい気分になったところでお開き。



翌朝、写真を見て元祖に寄った事を知る。
山ちゃんじゃラーメン喰わんかったんか…?
何やってんだか…。

みんなは楽しんでくれたかなぁ。

ラーメン ¥400

住所:福岡市中央区長浜2-5-25-1F
TEL:092-711-8154
営業時間:4:00~25:45頃

'12 62杯目

早良区

☆味一番@高取

2012年2月29日水曜日 13:04

ぶらりと西新方面へ。
今日は猿田彦神社のお祭りらしい。
なんでもうるう年の大祭は800年に一度だとか。
ちょっとお参りでもと寄ってみたが甘かった…
すんげェ行列!
境内までとても辿り着けそうになく、早々に諦めて本日の1件目を目指す。



ニチイのラーメン屋のキャッチフレーズでお馴染みの味一番。
こちら高取は初訪問。
ニチイ時代も喰った事あったかなぁ?



佇まい同様、メニューも庶民的。
さっそく店内に入る。

店はほぼ満席。
学生服着たグループや味のあるお爺ちゃんやら、まさに地域密着といった様相。
カウンターの1番端に腰掛けラーメンをカタで注文する。

親子で経営かな?
年季の入った大将にお上さん、元気の良い若いのと3人で切盛りしている。



ラーメンは予想に反してなかなか男前な面構え。
先ずはスープをスズっとやると、自然体のそれでいて力強い豚骨の旨味が口一杯に広がる。
塩気もラードも強めじゃあるが、なかなかシッカリしていて美味い。

麺は幾分太めの中細。
ムッチリとした食感で風味も悪く無いね。
スープとの相性も良く、きっちりカタで揚がっていて美味い。

途中、卓上の辛子高菜を投入。
けっこう辛めで、高菜の風味も相まってこれもイイね。

もっとサラッとしたサッパリめのラーメンをイメージしていたがさにあらず。
意外や意外(失礼!)上出来の一杯。

ラーメン ¥400

住所:福岡市早良区高取1-4-1
TEL:092-823-0134
営業時間:11:00~20:00
定休日:木曜日

'12 63杯目

早良区

☆☆長浜ラーメン じろう。@西新

2012年2月29日水曜日 13:24



つい最近、新装開店!
外観は以前と変わらないものの、中はずいぶんと広くなったね。

好きな店なんだけれど、何だかんだで振られ続け、一年以上ぶりの訪問。



綺麗な内装。
奥側のカウンターに着き、ラーメンをカタでオーダー。



何となく以前より洗練された出で立ち。
見るからにコッテリしていそうなラーメンは喰う前から美味いと確信。

先ずはスープを一口。
トロリと濃厚なスープは、出汁がシッカリとしていて適度な雑味と香りが胃袋を刺激する。

乳化具合も宜しくかなりな濃度にもかかわらずクドさは感じられない。
ちょっと強めの醤油ダレと相まってイケるねぇ~。

合わさる麺はシャキッとした細麺。
真鍋製麺製かな?
適度な粉っぽさがスープを良く持ち上げて、これも美味い。

惜しむらくは替玉が¥120。
¥100オーバーだと、ちょっと割高に感じてしまうんよねぇ…。

喰い進めていくと、
丼の底に引っかかりみたいなモンを感じる。
レンゲですくってみると、かなりな量の髄の粒子が沈殿していた。

迫力あるラーメンの真髄を垣間見た瞬間(笑)

いやぁ~美味かった!
かなり久しぶりではあるけれど、毎回印象が違うような気がする。
進化しているんやろうね。

ラーメン ¥500

住所:福岡市早良区西新5-4-1
TEL:092-846-1777
営業時間:11:30~23:00
日曜・祝日 11:30~21:00
夕方1~2時間休憩あり
定休日:月曜日

'12 64杯目

早良区

西新 海豚や@西新

2012年2月29日水曜日 14:00

腹具合的にもう一杯いけそうやな。
今度はちょっとタイプの違うヤツ喰ってみるか。



たしか最近、支店を出した勢いのある店。
タマにアイドルタイムに一杯引っかけに行ったりはしていたのだが、ラーメンは久しぶりやな。





色々とあるメニューの中から最も基本の豚骨醤油をオーダー。
幾分太めのちぢれ麺で、プラスほうれん草を追加する。
しめて¥710。
けっこうな値段になっちゃうね。



さて、やって来たラーメン。
所謂家系と博多ラーメンのハイブリッド。
臭みの無い豚骨出汁に醤油ダレがバチっと効いて、まろみのある鶏油がフンワリと香る。
この香りはけっこう独特。

プリッとしたちぢれ麺はスープの絡みも良く、風味も悪くないんだけれど、太さといい、食感といい、ちとイメージからズレているかなぁ。

個人的嗜好として若干、求めている味とは違う感がある。
そういや最近、さかえ@野間に行ってないなぁ~。

らーめん ¥580 ちぢれ麺+30 ほうれん草追加 ¥100

住所:福岡市早良区西新1-11-16
TEL:092-822-8333
営業時間:11:30~03:00
定休日:不定休

'12 65杯目
プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。