スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多区

☆ホウテン食堂 奉天本家@中洲

2012年11月27日 火曜日13:20:44

気分はつけ麺モード。
中洲の奉天がちょっと前からつけ麺を始めたのを思い出し行ってみる。



中洲ブラックが売りの醤油がメインの店。
あっさり豚骨の「白」は一風堂様には負けますという泣かせるキャッチフレーズ(笑)



黒は横綱白鵬、赤は石田純一オススメだそうで、場所柄やなぁ。
目当ての博多黒つけソバを並でオーダー。
熱盛りもあるが、ココはキッチリ締めたヤツでいく。



先ずはつけ汁が配される。
熱々のつけ汁はまさに真っ黒。
表面を褐色の脂が覆い、白いツブツブは背脂か。



やがて麺もやって来てセット完了。
肉厚の叉焼にウズラの卵が何気に嬉しい。



麺は中太の縮れ麺。
プリッとした熟成麺で風味は豊か。
ただ何となく演出に乏しく、ありがちな感じが寂しい。

麺を浸してズズッと啜る。
昔懐かしいなんて謳っているがなんのなんの、キリリと効いた芳醇な醤油ダレにシッカリした出汁感。
程良い酸味に脂のコクと、非常に新鮮な美味さを感じる。

福岡じゃ主流の魚介系豚骨よりもサッパリとしていて、それでも旨味はシッカリしていて醤油好きにはバチっとハマりそう。



〆はスープ割り。
一旦下げて、ネギを盛り付けて持って来てくれる。
脂や塩分濃度を考えると完飲はヤバいんではあるが、ついつい最後まで口をつけてしまいそうになる。



麺の完成度が上がれば至極の一杯になりそう。
もっと上を目指してガンバレ~ (^^)

博多黒つけソバ(並)¥780

住所:福岡市博多区中洲2-6-12
TEL:092-263-8863
営業時間:12:00~
17:30~27:00頃迄
定休日:年末年始

'12 355杯目
スポンサーサイト

博多区

とまと家@綱場町

2012年11月27日 火曜日13:51:08



お気に入りのつけ麺屋の一つ。
ここはラーメンも美味い。
ちょっと東京ナイズされた感じが逆にイイ。



温盛りにそれ程食指は動かないんだけれど、このだしあつというのは非常に気になるな。
どんなモンかと頼んでみる。
腹具合的に大盛いけそうと思ったのが失敗やったな…。
後々後悔するコトになる。



お盆に乗って一気にやって来た。
途端に立ち昇る魚介系の香り。
麺は湯だめに近いフォルム。
想像以上にボリュームがありそう。



つけ汁は魚介がガツンと効いた豚骨醤油。
ドロリと粘度があり、濃厚そのもの。
具がつけ汁側に盛られているのはイイね。



麺は熱々。
浅草開化楼謹製の極太捻れ麺は出汁に浸かっていても迫力があるね。
先ずは麺を2~3本ズズッと啜る。
ほんのりと煮干し的な和風の香りを纏った麺は風味は良いんだけれどコシが完全に抜けていてグニャっとした食感。

茹で置きって事はないだろうけれど、時間間違えたのかな?
冷やで喰った時の麺と比べると、あからさまに美味さが落ちる。

気を取り直して丼に向かう。
このだしあつのアイディアは非常に面白い。
通常のあつもりの様に麺がくっつかないし、出汁の風味のおかげでつけ汁が薄まっても味の劣化は少ない。

どこだったかな?
確か長崎の「政」にもこんな感じの二段仕掛けのつけ麺があったなぁ。

そんな事を考えつつ喰い進めていくも、予想以上に腹が膨れる。
同じ大盛りでも湯だめの方がかなり量が多く感じる。
最後はヒーヒー言いながらなんとか麺をさらい終えたがスープ割りまでは無理…。

次回は正統派の冷や盛りでリベンジ。

綱場町つけ麺(大盛)¥800

住所:福岡市博多区綱場町3-11
TEL:092-262-5128
営業時間:11:30~14:00 17:30~22:45 土曜日はランチのみ
定休日:日曜・祝日

'12 356杯目

中央区

☆島系本店 舞鶴店@舞鶴

2012年11月28日 水曜日12:33:30

昨夜は久しぶりにフルメンバー揃っての呑み会。
それが図らずもサプライズパーティとなり…

まぁ、その何だ…

みんなアリガトウ m(_ _)m





で、翌朝は軽い二日酔い。
それでも腹は減る。
昨日の勢いが残っているのかガッツリいきたい。
ならばブリッとニンニクが効いたヤツにしますか。



いつもの太麺、野菜追加に背脂増し。
大盛はカンベンしといてやった。

モワッと立ち昇る湯気と共に島系らしい臭気が鼻腔をくすぐる。



野菜の盛り、ブタの色艶、申し分なし!

早速いつもの儀式で丼の縁に4ヶ所ニンニクを盛る。
胡椒を振って野菜の天辺にタレをジュワァ~っと回しかけ、先ずは野菜を喰い崩していく。
適度にクタッとシャキッと、ジャストな茹で加減。
臭みも無くてバッチリ。

隙間を作って先にスープに口をつける。
出汁自体は幾分軽めじゃあるが、醤油ダレがバチっと効いて背脂の甘みとコクがグイッと主張するね。
野間店開店あたりの頃のワイルドさは影を潜め、再びマイルド傾向にシフトした感があるな。

麺を引っ張り出す。
小麦感タップリの極太麺は慶史系のモッチリ食感とは異なゴリッとした食感。
風味豊かで表面のヌラリとした感触はスープとよく絡みこの店ならではの美味さがある。
だけどこちらも以前の様なゴリゴリ撚り撚りの暴れん坊とは違い、ちょっと寂しいモンがあるな。

あまりワイルドにやり過ぎると、お客さんがついて来れんのやも知れん。
前程常食しなくなっちゃったんで、あまりヤイヤイ言うてもしょうがない。
基本、今日の出来でも十分美味い。

次回こそ野間&本店に再訪せねば。

ラーメン普通 ¥650 野菜追加 ¥100

住所:福岡市中央区舞鶴1-6-14
TEL:092-714-6776
営業時間:11:30~15:00 18:00~23:00
定休日:年中無休

'12 357杯目

チャンポン・皿うどん

くるめ甘太郎@エマックスクルメ

2012年11月29日 木曜日14:17:18

野菜を摂取すべく甘太郎へ。
今回はチャンポン。
太郎麺ももやし麺もチャンポン玉を選べるんだけれど、どうも違うんだよなぁ。



鶏ガラ系の出汁で特別何ちゃ無いスープ。
麺は茹で置きの別茹で(推測)
それでもタップリ野菜の旨味が加わり、いつもの仕草でラー油をタップリ回しかけた相乗効果でなかなか美味い。

そうそう、微量な魚介系の食材も何気に仕事している。
太郎麺、もやし麺よりも¥70高いだけあるな(笑)

チャンポン ¥670

住所:西鉄久留米駅 エマックスクルメ味のタウン2F
TEL:0942-32-5944
営業時間:10:30~21:00
定休日:不定休

'12 17杯目

久留米市

大砲ラーメン 本店@通外町

2012年11月30日 金曜日12:30:29

ちょうど麺揚げ&スープ番の正面に着席。
ラーメン作っている様を観察しながら出来上がりを待つ。

先客のラーメンだが、スープをザルで濾しながら丼に移している様子を見ていると、今日のスープはチト薄そう。



いつもの昔カタ。

やっぱりかなりライトな出来。
スープの継ぎ足しのタイミングなのか、まだ熟成されていない若いイメージ。
髄のザラつきはシッカリあるんだけれどね。

そうは言っても一定のレベルはキチッとキープしているのが大砲の大砲たる所以。
ズズッと啜ってすかさずタマカタコール。

期間限定の学生ラーメンをやっている間は替玉も¥100と値段据え置きなのが嬉しい。

ここはラー麦使用だったっけ?
風味豊かでほどほどに粉っぽく、独特なコシがある。
幾分太めの細麺は、久留米とも博多とも言い難いオリジナルな美味さがあるね。

昔ラーメン ¥570 替玉 ¥100

住所:久留米市通外町11-8
TEL:0942-33-6695
営業時間:11:00~21:00
定休日:年中無休

'12 358杯目
プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。