FC2ブログ

中央区

☆博多中華そば まるげん@平尾

2013年3月5日 火曜日13:59:33



さて、次にやって来たのはまるげん。
まだブログとかやっていなかった頃からつけ麺目当てに休みの度に通っていた。
久しぶりに気になるメニューが頭に浮かび喰いたくなった。



あら?
隣も麺屋やったっけ?
担々麺か…最近でもないけれど担々麺を売りにする店増えたよね。



目当ては濃厚魚介たんめん。
見た目が二郎っぼいんで気になってはいたんだけれど、情報ではそれとは違う味なんだとか。
太麺ってのがソソられるんよね。

券売機で食券を買って店の女の子に渡す。
「太麺ですので時間がかかりますが、いいですか?」と聞かれてOKと返事。



今迄の普通麺と平打ちの麺に新たに太麺が加わったみたい。
茹で時間が相当かかるみたいで後客のラーメンが数組先に出てようやく登場。





こん盛り野菜が迫力あるね。
パンチのある魚介系の香りがと脂の層がまるげんらしい。
先ずはスープを一口。
ドロリとした動物系と魚介系の出汁に脂のコクとかなり濃厚な味わい。
相当量の魚粉も溶かし込んでいると思うけれど、ちょっとエグみを感じるかな。
でもこの位強烈な方が他との差別化が成されて良いのかも。
でもって、この濃度に茹で野菜は丁度いいバランスだと思う。
もやしにキャベツに人参の千切り。
このタップリの野菜がたんめんっちゅうコトなんやろうね(チトもやしの臭みが気になったけど)

合わさる太麺はムッチリモッチリ。
ぬらりとした舌触りにシッカリとした噛み応えがあり風味も豊かで美味い!
麺自体の旨味が強烈なスープに一歩も引く事無く、良い感じに調和が取れている。

なかなか美味いね。
ちょっと東京のせたが屋を思い出した。
それにしても、この麺でつけ麺喰ったらどうなんだろう?
凄く美味そうな気がする。
ウ~ン…ソソられる。

濃厚魚介たんめん ¥780

住所:福岡市中央区平尾2-2-18
TEL:092-522-8848
営業時間:11:30~23:00 日・祝日 11:30~22:00
定休日:月曜日

’13 57杯目

南区

☆☆☆ラーメン さかえ@野間

2013年3月5日 火曜日14:32:25



続いて向かったのは野間のさかえ。
何だかんだでココも久しぶりやね。
豚骨醤油がバツグンに美味いこの店なんだけれど、今回の目的は秋刀魚節の醤油ラーメン。



券売機を眺めると一番上の段は皆売り切れ。
黒ラーメン(豚骨醤油)はやっていないのか?
醤油ラーメンのボタンをポチ。
秋刀魚節とは書いていないが間違いは無かろう。

店に入って大将に食券を渡す。
黒ラーメンどうしたの?と聞くと、今日は売り切れましたとの返事。
おぉ~流行ってんなぁ。



しばらく待ってやって来たその姿は、琥珀色の澄んだスープにキラキラと表面の脂が輝き何とも麗しい姿。

ぱっと見何処にでもありがちなシンプルないでたちながら、そこはかと美味そうなオーラを感じる。

丼に手をかけ、スープを一口。
優しく円やかな出汁の風味がフワァ~っと鼻に抜け、えもいわれぬ心地よさ…。

魚介特有の臭みは皆無、控えめなんだけれど主張はシッカリ。
コレが秋刀魚節のポテンシャルなんか?
ベースはガラとのWスープ?
お互いが出張る事無く、ちょっと甘めの醤油ダレが味を纏め、浮かべた脂が優しさだけでは無い力強さを演出。

芳醇且つ円やかなスープの旨味が見事に我がツボにはまる。
本日3杯目。若干無理している自分を意識しつつ(この辺り、二日酔い空けのダメージがジワジワ来とるのやも知れん)コレは真摯に向き合わねばと張り手一発(嘘)

気を取り直して麺に向かう。
太めの中太ってところか?
豚骨醤油の時の麺とは違うね。
コレがまた美味い!

程良いカンスイの匂いと小麦の風味を併せ持ち、ポキっとしたコシとは別の小気味良い歯応えが非常に新鮮。
適度にヌラりとした表面が程良くスープと絡み絶妙なバランスを奏でる。

ア~こりゃ美味ェな…。
色々と評判は聞いていたけれど、なかなか行けない店だし、つい豚骨醤油頼んでしまうんよね。
今日は喰って大正解。

というわけで、本日の連食テーマは魚介系でした。
何れもそれぞれのアプローチが違っていて面白く尚且つ美味かった。
非常に満足!

さかえに今度行く時は豚骨醤油と連食せないかんな(笑)

醤油ラーメン ¥600

住所:福岡市南区野間1-9-29
TEL:092-552-2711
営業時間:11:30~15:45 17:30~22:00
定休日:水曜日

'13 58杯目

久留米市

☆☆☆大砲ラーメン 本店@通外町

2013年3月7日 木曜日12:10:59



昨晩は我が家で4種のチーズと早生キャベツのカルボナーラ。
コレがまた評判良くて相方に殆ど喰い尽くされてしまった。
おかげで自分はカップラーメンで〆るってね…。

明日のお昼はガッツリいきたい!
中途半端に喰ったせいか、大砲が恋しく感じる。

けっこう、間隔が空いちゃったかな。
寒過ぎて店まで歩く気力が無かったんよね。

いつもの昔、カタ。
そういえばここ最近、限定メニューが無いなぁ…。
またあのこってりしたチャンポン喰いたいなぁ。



ブワッと香る豚骨臭が食欲をソソる。
スープ自体は臭みが少なくマイルド且つ濃厚。
塩っぱめの元ダレに甘味すら感じる出汁は何となくいつもよりもコクがあって、後味にドッシリとした余韻を感じる。

美味ェな…。

合わさる中細麺も大砲独特の風味とコシがあり美味い。
濃厚なスープとの相性が非常に良く、お互いの旨味を引き立てる。

すかさず替玉。
ラーメン醤油が共に出されるのが嬉しいね。
軽く回しかけて再びズズッと一気に啜る。

一昔前よりも麺はかなり美味くなっていると思う。
以前は博多寄りの細麺だったのが久留米らしい食感になった様な…?
自家製麺だし、きっと進化している。

昔ラーメン ¥570 替玉 ¥100

住所:久留米市通外町11-8
TEL:0942-33-6695
営業時間:11:00~21:00
定休日:年中無休

'13 59杯目

中央区

☆長浜屋台 一心亭 本店@長浜

2013年3月7日 木曜日 22:17:44

毎度毎度の一心亭。



本日も自動オーダーでおでんとお湯割でチビチビ過ごす。
気分的に豚足はヤメ。
餃子でもう一杯呑んで〆ようか…。



アラ?
馴染みの兄さんが「これ喰っとき。」と小鉢を持って来た。
ン?酢モツ?
「裏メニュー。」とニヤリと笑って差し出されたのは叉焼の端っこを刻んだヤツだった。
仕込みで余ったヤツなんだろうけれど、コレがまた美味いやないの。
クソ!もう一杯(笑)



〆の一杯は、あえて残しておいた刻み叉焼に辛子高菜をブチ込んでゴージャス仕様。

ポッテリスープは出汁の加減も程々に宜しく、シャキッと揚がった細麺と共に美味いね。
辛子高菜の風味がより一層美味さを引き立てる。

今夜は豚足喰わんで正解やったな。
喰っていたらラーメンまで行き着いていなかったやろうね。

ラーメン ¥450

住所:福岡市中央区長浜4-22-1F
TEL:092-771-5855
営業時間:11:00~03:00 日曜日は02:00迄
定休日:年中無休

'13 60杯目

久留米市

☆潘陽軒@六ツ門町

2013年3月8日 金曜日12:28:09

ちょっと滋味ィ~なヤツが喰いたい。
潘陽軒はタマにふと脳裏をよぎる。
店に入ると大将、エラい笑顔やな。
何か良いコトでもあったんか?
セットを頼み席に着く。

ゆったりと淀みの無い手際で作られるラーメンは見ていて楽しい。
小振りの羽釜で麺を茹でて、これまた小振りの平ザルでチャッチャッと湯切り。
昭和っぽくてイイね。



先ずはラーメンがやって来る。
豚と鶏のブレンドスープは今時のニュアンスは皆無。
ひたすら滋味で、それでいてジワジワと来る旨味がここの持ち味。
ガキの頃なら100%美味いとは言わなかったやろう(笑)



直ぐにご飯と餃子もやって来た。
前回言われた「餃子は一味で喰うと美味いよ。」を実践してみる。
一味をババっと振りかけて…いや、その前に麺をばいかにゃ。
程々の小麦感に程良い歯応え。
適度な粉っぽさがスープと馴染んで美味いね。
マルタイの棒ラーメンの延長線上にある様な味わいは喰っていてホッとする。

一味を振った餃子はタップリの油で揚げ焼きされたヤツ。
表面はカリッと香ばしく味もシッカリ付いていて、なるほどタレが無くても美味い。
ピリッと効かせた一味がシンプルに美味さを引き立てる。
ご飯をパクつきスープをズズッ。
イイねこの喰い方。

麺を啜って再びスープをズズッとやる。
ご飯に戻って餃子を一ヶ。
気がつきゃスープも殆ど残っていないってね。
久留米ラーメンの魅力でもあるが、スープまでシッカリ「食べる」ラーメンの王道やな。
ボリュームもタップリで満足満足。

ラーメン ランチセット ¥600

住所:久留米市六ツ門町7-59
TEL:0942-35-2237
営業時間:11:30~2:00
定休日:水曜日

'13 61杯目
プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR