スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多区

麺歩バガボンド 小麦の力@博多駅前

2013年6月27日 木曜日13:50:51

幾つかのブログで見かけて、とにかく気になる二郎っぽいメニュー。
基本情報もソコソコにチャリを飛ばす。



ここって前もラーメン屋だっけ?
老舗の福一の並びに今風な洒落たロゴの店を発見。
まだ出来たばっかりみたいで表には花が飾られていた。



目当ての二郎系のラーメンは力島といい、13:00以降からの提供だそうな。



店は食券制。
力島のボタンを押して席に着く。
店内は細長くカウンターのみ。
時間のせいか先客は1人。
まだ新しく、清潔感のある店内は若い男性スタッフ2人で切り盛りしていた。



力島専用のオーダーシステム。
通ぶって「野菜、ニンニク、カラメで」と言ったら事細かにオーダーをチェックし直されてしまった。
麺は並から大盛まで同額という太っ腹さ。



因みにその他のメニューのオプションはこんな感じ。

大盛は300gだそうで、それならいけるだろうと大盛で頼む。
オプションは野菜とニンニクマシ。
辛味は普通で下のスパイシー油は初めての人にはお勧めしませんとの事だったので無しでオーダー。

テボに投入される生麺を見る限りかなりの極太麺。
茹で上がると何gになるのだろう?
喰いきれるか?



厨房には仕込み中のもみじがどっさり。
ここのスープは鶏ベースなのかな?





てんこ盛りの野菜はキャベツ比率がかなり高い。
丁寧に下処理されたもやし等、ちゃんとしていて浅めの茹で加減でシャキシャキ感はあるが、どうしても青臭さが残ってしまって残念。
これがもっとクタっとした感じだとより喰いやすいかな。



ニンニクが業務用のポリ容器に入ったすりおろしタイプなのもちと残念。
二郎直系でもコレ出している所もあるけれど、生を刻んだ風味は何物にも代え難い(中国産のリスクは高いけれど 笑)

節の香る独特の酸味のあるスープは非常に個性的。
元ダレに味噌を使っているのか。
想定外の風味に多少面食らう。
出汁感もソコソコにクセのある味わいが印象的。



モッチリした極太麺は滑らかな喉越し。
たまご麺かな?
風味が豊かで表面は柔らかく、奥にシッカリ弾力があってとても美味い。
ゴリゴリの太麺とは違ったアプローチで新鮮な味わい。
この麺は一度喰う価値あり。

叉焼は二郎のブタとは違ってラーメンのソレ。
ただし、厚みがあって直前に炙ってあり香りが立って美味い。



スタイルは二郎っぽいが、全く別の喰いモンやね。
コスパはバツグンだし、割り切って喰えば、これはこれでアリだと思う。
特にこの麺が面白い。
別メニューでもコレ使っているのはあるのかな?

力島 ¥700

住所:福岡市博多区博多駅前2-10-12
TEL:
営業時間:
定休日:

'13 172杯目
スポンサーサイト

早良区

博多ラーメン いっぽう@西新

2013年6月28日 金曜日12:58



西新の未羅来留亭跡に出来たラーメン屋。



店の佇まいはあまり変わらない様だが、表に大きくメニューが貼り出されている。
事前情報通り、チョイ呑みにも対応しているみたいで興味しんしん。



店内はちょっと綺麗になったかな(笑)
若い大将一人で切り盛りしているみたいやね。
酒の肴は夕方からの提供みたいだけれど、お客さんも少ないし今から呑める?と聞いてみた。
「大丈夫ですよ!」と返ってきたんでお湯割を頼む。
簡単なアテなら出来るというのでたこわさもお願いする。



呑みながら大将と軽く会話。
元々屋台出身だそうで、須崎、長浜でやっていたそう。
長浜はどこ?と聞くと一休(とん吉)との返事。
未羅来留亭後の空き物件の話があり晴れて店舗開業となったとか。

なるほど、それで肴も充実しているわけか。
気さくで感じ良いし、もう既に町に溶け込んでいる感じやね。

今日は様子見。
軽く2杯だけ呑んで〆にカタでオーダーする。
平ザルをチャッチャッと操る様は、ポッと出の店には真似できない貫禄があるね。



表面をラードで覆った乳白色のスープにネギと叉焼のみのシンプルなフォルムは正統派長浜スタイル。

クドさ皆無のコックリくる出汁感にほんのり甘めの元ダレ、奥に感じる和のテイストはロングビーチのラーメンにソックリやな。
シャキッと揚がった細麺も適度に粉っぽくイイ感じ。
とん吉のラーメンはずいぶん喰っていないけれど、多分味わいは別物。

マッタリした雰囲気で啜る一杯はなかなか美味い。
次は夜に是非とも行かねば!

☆ラーメン ¥480

住所:早良区西新4-9-17
TEL:
営業時間:
定休日:

'13 173杯目

元祖ラーメン長浜家@大手門

元祖ラーメン長浜家@大手門

2013年6月29日 土曜日9:24:57



いつものカタ、ネギ多め。

麺線はやや細めながら久しぶりのゴワ麺に遭遇。
このボソッとした食感の麺をガサゴソ喰らう快感!

スープはソコソコ。
当たりってわけじゃないけれど、麺がバツグンに好みなだけに替玉の誘惑に後ろ髪惹かれつつ¥400払って店を出る。

今日の一景



まぁどうでもいいんだけれど、こういった告知系、店主好きだよなぁ(笑)

☆☆ラーメン ¥400

住所: 福岡市中央区大手門2-7-10
TEL:092-725-5559
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休

'13 174杯目

中央区

アジトの冷麺

2013年6月29日 土曜日21:58:22

人には教えられないアジトの逸品。



夏の名物冷麺。



見た目は冷やし中華だが、麺は冷麺らしいビヨ~ンとした伸びのあるヤツ。
デュラム小麦ブレンドのマニアックな麺で、今年は蕎麦粉抜きバージョンあり。

サッパリ喰えて美味いね。

冷麺 ¥580

'13 175杯目

元祖長浜屋

元祖長浜屋@長浜

2013年6月30日 日曜日9:20:31

ついにこの日がやって来た。
¥400で喰える最後の「屋」

替玉値上げ騒動、閉店、従業員独立騒動と、忘れた頃にデカい花火をブチ上げてくれる「元祖」ネタ。
でもまぁ今回は世間的には粛々と事が運んだ気がせんでもない。

そうは言ってもマニアの端クレとしては祭りに参加せずにはいられない。
券売機の¥400の表示を名残惜しそうに眺めつつポチッと押す(笑)

店内はほぼ満員で忙しそう。
オバちゃんとアイコンタクトが取れず、兄さんにナマのネギ山と告げ、わずかな隙間を見つけて席に着く。
表を眺めると団体客がズラリと店を覗き込んでいる。
ラッキーやったな。



胡麻と胡椒をタップリ振りかけ丼の底から麺を持ち上げスープと馴染ませる。
ラスト¥400「元祖」の麺はイイ表情をしているね。
往年の麺からすれば幾分細めではあるが、ほんのチョット芯を残したバツグンの揚げ加減。
プンと鼻腔をくすぐる香りも宜しく美味い。

スープもシッカリ豚骨の旨味があり、滋味に美味い。
派手さは無いが、豚骨と醤油とニンニクのシンプルなハーモニーがかつての「元祖」を彷彿とさせる。
ブレ幅は当然デカいが、スープの方向性は昔を取り戻した感があるなぁ。

この味求めて値上がりしても喰い続けるやろうね。
さて、明日はどんな味だろう (^^)

☆☆ラーメン ¥400

住所:福岡市中央区長浜2-5-25-1F
TEL:092-711-8154
営業時間:4:00 ~25:45頃迄

'13 176杯目
プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。