スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港家@港

2012年1月20日金曜日 11:40

Twitter情報で知ったカルトな場所に突然出来たラーメン屋。
情報を頼りにさっそく行ってみる。



表通りからは見えないが、幟を目標に進むと直ぐに分かった。



辺鄙な場所じゃあるが造船所の入り口だし、この界隈で従事している人達にしてみれば結構便利な場所なのかもしれない。



鄙びた佇まいで表の看板には真・博多ラーメンとある。
なかなか大上段やな。
替玉¥50とはスゴイな。



中に入ると小さなカウンターに簡素なテーブル席がいくつか。
新店舗とは思えない廃れぶり(笑)
各テーブルには何故かおにぎりがスタンバイしている。



従業員は若いのと年配の二人。
若い方の人からいらっしゃいませと声をかけられ顔を見ると…

あれ?

向こうも覚えていたみたいで、お互い顔を見合わせ

だよねぇ…。

今度二人でこっちに店を出しましたと挨拶される。

二人で共同経営みたいだけど、独立したとはねぇ~。
いつの間に準備していたのか意外やったなぁ~。
(本人の希望で修行先は伏せます)

もう一人の年配の方の人はみおせるさん情報で、かつて別府、大橋で営業していた天竺をやっていた方だとか。
色んな繋がりがあるんやねぇ。



さて、メニュー筆頭の塩豚骨を頼む。



大判の海苔が特徴的。
あっさりとあるが、わりとシッカリ乳化した豚骨スープでコクもある。
説明にある様に塩ダレの旨味が活きていてシンプルで美味いね。

麺は黄味の強い細麺。
シコシコした食感であまり小麦感を感じさせないタイプ。
ちょっと薬品っぽい風味なのも残念。

固茹での卵はけっこう塩っぱいね。
でもこの味わいは昔ながらな感じで嫌いじゃない。

粗方喰ってどうしようか?
ええい、開店ご祝儀や!
豚骨ラーメンをもう一杯!



ウン?
見た目はそんなに変わらんな。
とりあえずスープを一口。
なるほど、ベースは同じで脂の量と元ダレが違うのか。
塩豚骨よりもコッテリというよりチョイクドめ。
元ダレの風味もチィ~っとクセがあるかなぁ。
でもこの味、若い方の修業先の味わいに近いモンを感じる。

まぁ好みから言うと、塩豚骨の方に軍杯かな。



途中で1人一皿サービスの辛子高菜を投入。
うん、悪くないね。

それにしてもスープに対して麺がかなり劣るように思う。
替玉¥50はお得な様に見えるが、もっと質の良いヤツを適正価格で提供した方が長い目で見たらお客さんは付くんじゃなかろうか。

素人の分際じゃああるが、知った顔だし長く続けて欲しいからね。
もっと精進してタクマしく繁盛してくれ!

塩豚骨ラーメン ¥500
豚骨ラーメン ¥500

住所:福岡県福岡市中央区港3-2-5
TEL:
営業時間:11:00~20:30
定休日:未定(2月から火曜日の予定)

’12 21杯目、22杯目
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご祝儀

2杯いきましたか? 笑


ベタカタマンさんも行かれているみたいで 気になっていました。

麺が弱いですか?f(^_^)

nonopapaさんも私も 麺には厳しいようで…
気が合いますね♪

長浜地区は麺がシャキッとしてなきゃ駄目ですよね(^o^;)



Re: ご祝儀

情報通の人は何人か既に行っていたみたいですね。

麺ですが、好みもありますがもうチョイ美味いヤツが喰いたいですねぇ。
当然バランスが大事なんですが、麺の良し悪しは店の生命線と言っても過言ではないと思います。

ところで、最近更新していないみたいですね。
どうしたんですか?

はじめまして。私も同感いたしました。あの日、入り口すぐの右にいた客は私です。(*^o^*)

Re: タイトルなし

ますけんさんこんにちは。

先にいらした方ですか?
いやぁ、バレバレですね(笑)

これからもどうぞヨロシクです(^ ^)
プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。