スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆☆壱の家@大名

2012年4月1日日曜日 21:19

仲間と角打ちで軽く呑んで、〆も兼ねて久しぶりに壱の家へ。

人手が足りないそうで、以前あった酒のアテが殆んど無くなっている。
まぁしゃあないと、とりあえず餃子を頼んで一杯やる。



酒呑としては、アテが無いのは淋しいなぁと店の人に話すと簡単な物なら作れますよとの事。
常連からも結構リクエストがあるらしい。
ならばと¥300位のヤツをチャチャっと2品ほどお願いする。



ネギ叉焼。
見た目も美しく、上にかかったタレは何だろう?
さっぱりとしていて美味い。



茹でた鶏のポン酢あえ。
これもシンプルでいて美味いね。
一人で回しているので大変だろうけれど、こういう気の利いたコトをしてくれると嬉しいね。

さぁ、あまり長居するのもアレなんで、ソロソロ〆を。
気分は醤油やな。

この前喰った¥290の博多醤油のレベルはなかなかのものだった。
前々からあるあごだし醤油も当然美味かったんだけれど、味の違いは今ひとつ覚えていない。
なんで人もいる事だし、どっちも頼む事にする。

先ずはあごだし醤油らーめん。



琥珀色の美しい色合い。
丸鷄を使用した芳醇なスープ。
その奥からチラリと覗くあごの柔らかな魚介系の風味。
銘はあごだしなれど、鶏の旨味が前面に出た正統派醤油スープやね。

合わさる麺はプリッとした中細麺。
弱縮れでスープがよく絡み美味い。
程々の風味ながら、滋味なスープとの相性はイイね。

続いて博多醤油らーめん。



やや色味が薄い。
上にかかっているのは魚粉か?
こうして食べ比べると違いがハッキリと判る。
魚介系の風味が前面に出ていて、鶏の風味は控えめ。
チョイ甘めの醤油ダレがキリッと効いてコイツも美味い。

麺は共通。
やはり滋味系醤油にはこういった加水率高めのプリッとした食感の麺が合うんやろうね。

食べ比べてみると、あごだし醤油は一番出汁、博多醤油は二番出汁的なイメージ。
やはりコストはあごだし醤油の方がかなりかかっていると思う。
前に博多醤油を喰った時に、あごだし醤油はいるんかな?なんて思ったけれど、味わいにハッキリとした違いがわかって納得した。

ただし博多醤油らーめんのコスパはかなりなモノ。
実際、連れはこっちの方が好みと言っていた。
好みや気分で色々食ってみるのがイイやね。

あごだし醤油らーめん ¥500
博多醤油らーめん ¥290

住所:福岡市中央区大名1-12-52
TEL:092-732-5668
営業時間:11:30~24:00 金・土曜日 11:30~6:00
定休日:年中無休

'12 101杯目
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。