スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆咲きまさ@春吉

2012年4月25日水曜日 12:35

今日はサンセルコで免許更新。
バリバリのゴールドライセンス(ペーパードライバーとも言う。)なんで手続きは楽だ。

サッサと済ませて何所で啜ろうか。
なんて言いつつ店は決まっている。
それにしてもサンセルコって、独特な空気感があるな。



さて、オープンしたての頃に来て以来の咲きまさ。
村上朝日製麺所謹製の極太麺で味わう六厘舎チックなつけ麺はかなり美味かった。



今日もソイツでいこうと券売機に向かう。
ふとラーメンのボタンに目をやると、何?ラーメンも極太麺なんか!



ウ~ン、迷うなぁ~。
5秒ほど熟慮した結果、ラーメンに決定。

カウンターに着き出来上がりを待つ間、大将の仕事ぶりを伺う。
自分以外の客は皆つけ麺。
出来上がりを待つ人が多く、自分の番は当分先になりそう。

そろそろ自分の番か?
寸胴で取られたであろう魚貝スープは別の鍋に移されていて、一人前そこから雪平鍋に取って温め出した。

麺はキチッと計量して湯に投入。

ここでちょっと不穏な動き。
冷蔵庫からオレンジ色の液体が入ったジューサーの容器を取り出し、スープか丼に入れている。
カウンター越しでよくわからないんだけれどアレはジュース?
マンゴーだか何だかドロリとした液体だったゾ!
う~ん気になる!

麺が揚がり、ソロソロ完成。
平ザルに乗せられた叉焼が茹で湯の上でしっとりと温められているのは心憎いね。



迫力と気品を感じるフォルム。
美味そうやな。
節の香りが食欲をソソる。

ドロリと濃厚なスープは、つけ麺の汁と同様のタイプ。
つけ麺の延長線上の味わいで、ラーメンならではの特徴に欠けるのがチト寂しい。
ホンノリと甘く感じるのはやっぱり果物を使っているからか?

つけ麺併用の極太麺は、チュルンとした舌触りにフンワリと優しい弾力感が面白い。
冷水で締めていないため、同じ麺でも異なる感じになるんやね。
ちょっとスープの絡みが気になるが、喰い応えがあって美味い。

それに、あまり脂に頼っていないのでコッテリなのにすんなり喰いやすい。
ついつい、スープに口が行ってしまうね。

とは言え個人的嗜好では、やっぱりつけ麺の方が好みかな。
次回は大盛りをワシワシ喰らいに行こう。

ラーメン 並 ¥700

住所:福岡市中央区春吉1-7-18
TEL:092-725-6070
営業時間:11:30~14:30 18:00~22:00(月・金曜日は昼のみ)
定休日:月曜日

'12 127杯目
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。