スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆☆麺研究所 慶史@大手門

2012年4月30日月曜日 21:45

店の前を通ると、スタッフが呼び込みをしている。
覗いてみると、ほぼ満席で大盛況。
そのスタッフにカウンター空いてますよと声をかけられる。
呑めるんだっけ?と聞くと大丈夫ですよと言うので久しぶりに寄ってみることにする。

券売機で焼酎とビッグ唐揚げの券を買って席に着く。
ここの唐揚げはデカくて喰いでがあるね。



焼酎2杯目、唐揚げだけじゃ物足りないんで、メンマと煮卵も追加。
追加オーダーはその場でキャッシュオンで受けてくれるので面倒は無い。

さぁ、ソロソロ〆にいきますか。
デフォのつけ麺を300g、相方はラーメンをオーダー。



先ずはつけ汁が配される。
元助グループ名物のIHヒーターのスイッチオン、保温にして麺を待つ。



さぁ麺がやって来た。
麺はじょうもんさん(極太麺)
キラキラと艶めかしい麺は色気があるな。



いつもの様に先づは何もつけずに2本ばかりスズっと手繰る。
むっちりもっちり、歯応えが非常に心地良い。
フワッと広がる麺の風味も流石は慶史。

続いてつけ汁にチョコンとつけて手繰る。
強烈な魚介の風味とキリッと効いた醤油の旨味。
ベースの豚骨出汁は控えめながら、ドロリとパンチのある味わいはなかなか好み。

次に麺を2~3本レンゲに取って塩を振ってズルっとやる。
麺がバツグンに美味いんで、こういう喰い方もありやね。

とココでカウンターに美味しい喰い方の指南を発見。
なるほど、薬味は麺に絡めてつけ汁につけると美味いのか。
それに習って辛味を麺に絡めてつけ汁につけて喰ってみる。
確かにこっちの方が香りが引き立ち、鮮烈な美味さがある。
これはナイスな発見やね。



相方のラーメン。
中太麺をリフトアップした所をパチリ。
こちらも魚介の風味がバチっと効いてかなり美味いとの評。



ちょっと喰いかけを貰うと、節のザラつくドロリとしたスープが麺に絡んでコレもなかなか。
味の方向性はつけ麺と変わらないが、ヌラリとした中太の麺がラーメンスープと見事にマッチしていると思う。
咲きまさ@春吉で感じた違和感の答えがココにあった。

さて後半は、酢を回し入れて味の変化を楽しむ。
つけ汁が円やかになって再び食欲に火がつく。
ガガっと喰って最後はスープ割。
濃厚な魚介醤油スープを最後まで堪能する。

つけ麺 ¥850
ラーメン ¥750

住所:福岡市中央区大手門3-7-6
TEL:092-761-7664
営業時間:11:00~23:00
定休日:年中無休

'12 134杯目
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。