スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆☆☆博多麺道楽 桜木家@下大利

2012年5月9日水曜日 17:18

Twitter情報で知った新店。
何やら引っかかるキーワードがひしめき、気になってしょうがない。

場所は下大利、全く土地勘が無いんだけれど、立地的にはどうなんやろうね。



店頭にメニューの写真が貼ってある。
メニュー筆頭の桜木そばは見覚えのあるスタイル。
そして屋号の桜木家、桜木さんといえばこれもまた聞き覚えのある名前。

店に入ると見覚えのある店主とスタッフ2人。
間違いないな、ここはあの島系本店で店長を務めていた桜木氏の店だ。

券売機で桜木そばの食券を買って席に着く。
スタッフから野菜の盛りとニンニクの有無を聞かれる。



太麺の野菜ダブル、ニンニク有りでオーダー。
出来上がりが楽しみだ。



それにしても野菜のレギュラーが150gでダブルが400g、トリプルが800gって、どういう計算よ(笑)



卓上の調味料を見ると、ちゃんとタレも常備してあるね。
これで安心してカラメにも出来る。



さぁやって来た桜木そば。
褐色のスープは乳化度が低く、固形の背脂が相当量浮いている。

うん、良い色合い。

先ずはスープを一口。
豚骨の出汁感は程々に醤油ダレと脂の旨味がグイんと口中を駆け巡る。
この味の方向性は今の島系よりも二郎よりな気がする。

美味ェな…。

野菜のテッペンにタレをジュ~っと回しかけてさらにカラメにし、野菜を喰い崩し極太麺を引っ張り出す。
出て来た極太麺はやや扁平気味。
舌触りは素直な感じなんだけれど、小麦がギュッと詰まったような力強いタイプ。
へのさんも書いていたが、かつての島系の自家製麺にする前の麺に近いような気もする。
ニンニク、醤油ダレ、脂に乗って、かなり固めのボキボキした麺をワシワシと喰らう幸せ。

島系宜しくデフォの麺量は少なめ。
次回は大盛りに豚マシいってみるか。
喰い終わって席を立つと、店主がわざわざ厨房から出て来てくれた。

「どうも、いつもありがとうございます!」

「独立ですか?」

「はい!」

「おめでとうございます。
頑張ってください。」

こんな挨拶を交わして店を出る。
次はいつ行こうかなぁ~

桜木そば ¥500

住所:大野城市下大利1-13-8
TEL:090-9604-4309
営業時間:11:30~15:00 17:00~22:00
定休日:不定休

'12 144杯目
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。