スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多 喜庵@赤坂

2012年6月9日土曜日 13:12

夜にしっかり喰う予定なので、お昼は蕎麦なんぞを。
一度覗いてみたかった喜庵へ向かう。



なかなか高級感の漂う雰囲気。
表のランチメニューを見るとそんなに高く無い。
ちょっと安堵して店内へ。

外観のイメージよりもこじんまりとした店内。
和風で落ち着いた雰囲気で、老若男女かなり賑わっているね。
厨房は見えない。
ほんの少し待って席に通される。









レギュラーのメニュー表はお洒落な作り。
外人さんとか多いのかな?



けっこう時間が経ってお茶と共に女の子が注文を伺いに来た。
自分は花、相方は空を注文。
蕎麦は自分はかしわ蕎麦、相方はおろし蕎麦をチョイス。
それにしても配膳の女の子、ワタワタと忙しそうだ。
どうやら一人で賄っているようだ。
店内やらメニューやら眺めながら蕎麦を待つ…
.
.
.
どの位経ったんやろ?
全然出て来んな…
先客もまだ有りついていない人が多い。
まぁそれだけ本格的っちゅうことだろう。



ようやく自分のざる蕎麦が配される。
蒸篭も小振りなプチサイズ。
でも、なかなか本格的なオーラは感じる。
麺に関しては冷徹な自分としては、相方を他所にお先に失礼とばかりに蕎麦に向かう。

2~3本摘まんで何もつけずに先ずは一口。
細めの麺線の蕎麦は、季節的にも風味はともかくコリっとした歯応えで噛み込んだ時のジャクッとした舌触りがキッチリ本格で美味い。

続いて露につけてズズッと手繰る。
猪口に注がれた露の分量から想像は出来たが、甘さ控えめのかえしがキリッと効いたタイプ。
とは言え醤油の風味よりも出汁の旨味を前面に引き出した味わいは、やはり関西出身の店ならではという事か。
ボリューム的にもの足りないけれど、まだ次がある。

手繰り終わっても相方はまだ何も口にしていない。
次はまだかと軽くイラっとしたところでメインのかしわ蕎麦と相方のおろし蕎麦がやって来た。



ほんのり琥珀色の出汁が何とも上品。
福岡のうどん屋の出汁とも当然違う味わいは、正に蕎麦屋の美味さ。
本来なら鴨なんだろうけれど、かしわでも十分美味い(だって、鴨は別料金なんだもん 笑)



相方のおろし蕎麦は冷たいぶっかけ。
おろしの辛味と露のキリッとした風味が非常に美味いと相方のコメント。
引き締まった蕎麦も、けっこうご満悦の様子。

にしても、ご飯と卵焼きはなかなか出て来んな…。
もう喰い終わるゾ。

他のお客さんも頼んだはいいが、全然出て来なくて瓶ビール2本目頼んでいる人もいるし、ご飯と卵焼きだけ出て来て待ちぼうけの人もいるし…
ン?…ご飯に卵焼き?



出汁がすっかり冷えきって、お姉さんにまだかかる?と聞くと、
「エッ?出していませんでしか?」だと。

なるほど、出し忘れてたのね(笑)
直ぐ持って来ますと言われたけれど、それを遮ってもういいからとお会計。

「申し訳有りません、では単品で¥1600にしておきます。」とよくわからないお勘定。
申し訳なさそうな女の子の表情が印象的やったな。

どうでもいいけれど、店のキャパに合った人員揃えるなり、不手際には責任者がキチッと表に顔出すなりした方が信用に繋がると思うヨ。
業界は違えど、似たような環境で仕事しているからね。

花 ¥1000 空 ¥840 (まともに喰えるかは運次第)

住所:福岡市中央区赤坂1-5-11
TEL:092-742-7573
営業時間:11:30~15:30 18:00~23:00
定休日:日曜日

'12 38杯目
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。