スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多 一幸舎@大手門

2013年5月30日 木曜日14:33:13

何だかんだで醤油が気になり翌日も一幸舎へ。
慶史の頃から「大手門ブラック」なる醤油ラーメンを提供していたがはたして?

券売機を改めて眺めると、なるほど煮卵入のボタンが筆頭にある。
デフォはその下、ん~流石商売上手(笑)
胃袋的に替玉の余裕は無く、素で頼んでクーポンで煮卵を付けてもらう。

先日もそうだったが、オーダーを通す時にいちいち「ハイブリッド」と唱えるのが面白い(余談だが、ここのスタッフはかなり元気が良いので、彼らの立ち位置とこっちの座り位置によっては耳が痛くなるのがタマニキズ)



さてやって来たハイブリッド醤油ラーメン。
大手門ブラックとはうって変わって透明度を残した穏やかな色合い。

しかし、よく見るとシッカリとした脂の層に細かな節の粒か?
鶏が8割のスープらしいけれど、魚介系の香りがブワッと立ち込める。

どらどらと先ずはスープを一口。
鶏出汁らしい芳醇な匂いと旨味はバッチリ効いている。
しかしながらハイブリッドでいうところの2割の魚介の主張が凄いね。
魚介系醤油ラーメンと言ってもいいくらい。
こういったインパクトのある味は嫌いじゃない。



けれど、看板にある懐かしい味とは違うと思うゾ(笑)

麺は中細、メニューによって違うタイプを提供しているんやな。
豚骨の麺とは違い舌触りが滑らか。
それほど風味は強く無く、出汁を引き立てる感じがする。
脂が起因だと思うけれど、スープの絡み具合とかサイズバランス計算されとるな。



ここでニンニククラッシャー。
大粒のヤツを一つ投入。
グッと風味が増して、鶏やら魚やら脂やらの旨味が渾然一体となり舌を刺激し、ややもするとジャンキーな感じじゃあるが美味い!

丼の底には細かく砕かれた節の破片が相当量沈殿していた。
鰹節じゃないな、何だろう?鯖?鰯?
馬鹿舌なんでようわからんけれど、この荒削りの節がこの風味を生み出しているんやろうね(若干、麺に絡むとウザいけど)

脂の扱いが「せたが屋」を彷彿とさせる。
この辺がメジャー意識を感じさせるな。
一幸舎って最近は海外ネタが多いけれど、地元でもがんばっているんやね。

☆☆醤油ハイブリッド(クーポンで煮卵入) ¥650

住所:福岡市中央区大手門3-7-6
TEL:092-761-7664
営業時間:11:00~23:00
定休日:年中無休

'13 142杯目
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。