スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋月らーめん本舗@甘木市

2013年9月10日 火曜日14:58:27

久しぶりのプチ旅行。
今回は新緑を求め秋月へ。

小郡から甘木鉄道で甘木まで、そこからバスでだんごあんを目指す。



秋月へ近づくにつれ徐々に聞こえる川のせせらぎ。
のどかでイイね。



バスを降りてエッチラ歩いてやがて到着。
なかなか壮観な風景が目の前に飛び込む。
麓の小屋で食い物を注文。
川に跨った桟敷に陣取りヤマメと地鶏で一杯。
ハァ~生き返るねぇ~。

一息ついたら近くを散策。
だんごあんを後にしてプラプラと名所を訪ねる。



と、ここでざるラーメンの看板発見。
秋月らーめん本舗、腹も余裕あるし啜って行くか。







昔の蔵かな?
それをリノベーションしたモダンな創りの建物は天井が高く、薄暗い照明にJAZZが流れ所々にレトロな小物が飾られていてお洒落な雰囲気。





デフォの秋月らーめんは鶏出汁がメインの醤油ラーメン。
麺も自家製でかなり拘りを感じる。
ソソるんだけれども、コレ喰っちゃうと一日(の食事)が終わりそうな気がしてざるラーメンを注文。



サラダ付きでやって来た。
露が二つあるのは相方の分を気を利かせて持って来てくれたから。



ムッチリとした食感の麺は程々の風味の太麺。
コシは強く無く、軽く縮れた麺線が露によく絡む。



醤油がキリッと効いた露は酸味が控えめでたまり醤油の様な独特な香りがあるね。
つけ麺とは違う、まさにざるラーメン。
悪かぁないけれど、この麺ならやっぱり秋月らーめんにするべきだったか。
まぁ旅先でグチャグチャ考えるのはやめとこう。
うん、美味かった。



そして再びブラブラと。
バスがやって来たんで帰路に着く。

夜は赤坂門市場の某所。



¥450という破格のステーキ喰いながら呑みまくる。
いや、良い休日だった \(//∇//)\

ざるラーメン ¥650

住所:甘木市下秋月679-6
TEL:0946-25-1336
営業時間:11:00~16:00
定休日:水曜日

'13 253杯目
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。