スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とみ田監修つけ麺スープ&山岸一雄監修つけ麺専用中華麺@マルちゃん

2011年6月20日月曜日16:13

近所のスーパーで売っていたとみ田監修のつけ麺ストレートスープと山岸御大監修のつけ麺専用極太麺を買ってみた。
価格はそれぞれ¥298也。

photo:01

photo:02


スープは3~5人前、麺も4玉。
相方と2人で喰うには十分なボリューム。

軽く晩酌を済ませて〆に作った。
スープの方は、鍋に開けてもそのままお湯で温めても良いと書いてあったのでそのまま温める事に、麺はデカめの鍋で5分ほど茹でて水で洗う。
最後に氷水で締めて一丁上がり。
面倒なんでとりあえずネギだけ散らして喰うコトにする。
photo:03


スープのパックを開けて丼に注ぐ。
たちまちブワンと節の香りが立ちこめる。
先ずはチョイとつけ汁の味見。

………。

凄まじく合成的な味やな…。
ドロリとした褐色のソレは節の香りこそすれ、アルコールというか薬品臭い。

豚骨の風味はあまり感じない。
只々味の濃い調味料といった感じ。
ちゃんと鍋に開けてある程度成分を飛ばした方が薬臭さは解消されるかも。

続いて麺。
モッチリした極太麺は食感は悪く無いんだけど、風味に乏しく喰っていて楽しく無い。
最近はレベルの高い麺が気軽に手に入るからね。
完全に名前負けやな。

photo:04


魚介豚骨系のスープはこれまでも何度か手を出した事があるけど、正直どれもあんまり変わらん。
名前だけ挿げ替えて中身はおんなじだったりして(笑)
何にせよ、わざわざ店の名前を出すほどの味では無いな。
ていうか、逆に店の信用を傷つけはしまいか…。

山岸御大は、簡単に名前を貸しすぎ!

まぁ麺とスープ合わせて¥600弱、こんなモンといえばこんなモンなんやろうね。
ボリュームだけはスゴイ(笑)




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nonopapa

Author:nonopapa
気ままに啜ります。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
DuhDuhDuhDaDaDa
instagram
Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Links




福岡 レストラン
福岡 レストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。